曲げわっぱ高背小判弁当箱漆塗りおすすめいいところ

お弁当箱一つとっても種類もいろいろで機能や形も工夫されて
おいしくご飯が食べれますね。その中でも今人気なのが昔ながらの曲げわっぱ!!伝統技術の技で美しい形をしていて木のぬくもりを感じながら心温まるお弁当が食べれると話題です。
人気ランキングを早速チェックしてみて毎日のランチを豊かにしてみるのアリですね!

ランニングはこちら

今日その中でも紹介したいのは口コミレビューが2000を超え
評価も☆4.5以上とかなり好評。高背小判型が使い勝手の良い
みたいでお弁当も美味しくなって楽しくなるとのこと
曲げわっぱの特徴と口コミをまとめましたので参考にしてみてくださいね。

こちらから↓↓↓

曲げわっぱ一段高背漆塗りウレタン塗装臭いも◎

曲げわっぱ一段高背

・今まで2段のお弁当箱を使っていたのですが、一段の方がおかず
とご飯の調節がしやすいと思って購入しました。高背なので
ボリュームも丁度良く、プラスチックのお弁当箱より美味しくなってお昼の時間が楽しみになりました♪

・曲げわっぱの一段でも高背なので今までの2段お弁当箱と同じ
量も入るのでコンパクトになって持ち運びも楽になりました。

・子供のお弁当箱を二段弁当からわっぱ弁当に変えました。一段
なので洗い物も少なく助かります。盛り付けも同じメニューでも
詰めると豪華になって見栄えも良くなるので重宝してます。

・曲げわっぱは軽いし、洗い物も余計なパッキンとかないから、
とても扱いやすいです。お値段も手ごろで、お弁当つくりが楽しみです。

曲げわっぱ漆塗り

・作りたてのお弁当が食べたくて曲げわっぱを買いました。
漆塗りが施されているので油料理も安心して詰めれるので
使い勝手が良いです。漆の香りがとってもいい匂いで癒されます。

・調湿効果と殺菌作用があるという漆塗りのお弁当箱を購入しました。冷えたお弁当でも美味しく、特にお米がべちゃべちゃしないのに感動しました。一度使うと曲げわっぱ以外は使う気がしないです。

・曲げわっぱの漆塗りを探していたらたどり着きました。基本
漆の匂いも好きで木の香りと料理の香りが合わさって食欲を
刺激してくれてお昼が楽しみです。

・曲げわっぱ漆塗りということで見た目もモダンでおしゃれ。
使い込めば使い込むほど味がでて愛着湧いてきます。

曲げわっぱウレタン塗装

・曲げわっぱにウレタン塗装をしているので普通のお弁当箱のように洗うことが出来るので手入れも楽々で臭いもそんなに気になりません。

・ウレタン塗装なので油ものを入れても大丈夫とのことで特別曲げわっぱだからという制限がないのでいろいろ盛り付けにこだわって毎日お弁当を作っています。周りからの声もかわいいと評判もいいので自慢の弁当箱です。

・ウレタン塗装もして安心なのですが、こすって洗ってしまうとウレタン塗装がはがれてくるので扱いは大事にしないといけないです。その分丁寧に使うので長くは使えそうです。

こちらから↓↓↓

曲げわっぱ仕切り機能に効果も◎

曲げわっぱ仕切り

・曲げわっぱに取り外し可能な仕切りがあるので上手に活用して
います。特にフルーツを分けて入れるときに活躍しています。

・曲げわっぱに仕切りを外して使用しています。仕切りを使うと
ボリュームが少なくなるので、お腹いっぱい食べたい方は
仕切りを外して使った方がいいと思います。

・曲げわっぱの仕切りがT字なので小分けするときには便利ですね。ただ量が限られてくるのでお弁当の内容次第では使わない方がいいかもしれません。

・曲げわっぱの仕切りを使う時は私用で仕切りなしの時は息子に
と使い分けて使ってます。取り外し可能なので使い方一つで
アレンジはできます。

曲げわっぱの効果

・主人のお昼のお弁当用に購入。ご飯とおかずを半分に分けて入れましたが、曲げわっぱの効果か野菜の緑がとても映えて見え
大したメニューでもないのに豪華で美味しそうなお弁当に見えます。購入して大正解でした♪

・これからお弁当でお昼を食べることにしたのでどうせ食べるなら美味しそうに見える曲げわっぱを購入。仕切りがあるので妻も
奮起してくれて、いろいろ種類を詰めてくれてかなり豪華な
お弁当を用意してくれるようになりました。

・普段通りのお弁当が曲げわっぱ効果で美味しそうに見え、
娘も「今日のお弁当美味しかった」と喜んでくれました。
作る私の立場でも作り甲斐が湧いていい商品に巡り会えました。

こちらから↓↓↓

曲げわっぱまとめ

お弁当箱が変わるだけでいつものメニューがかなり美味しく
なってランチタイムが楽しみになるなら、欲しくなりますね。
日本人なら木目というだけで癒されて、香りも落ち着くのは
当然。休憩時間有意義に過ごせるなら一つ持ってていても
損はないですね。

気になるもの見つけた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする