赤ちゃん鼻水吸引器メルシーポット強力吸引で鼻水解消

これから風の時期になると子供の鼻水で頭を悩ませてしまします。
夜なかなか寝付けずないてしまったり、息苦しいせいで夜中起きてしまって
夜泣きに子供も親も疲れてしまいますね。
そんな時鼻水吸引器を持っているだけでそんな苦労から解放できるかもしれません。
鼻水吸引器の人気ランキングを参考に子育ての負担をなくしてください。

ランキングはこちら↓
鼻水吸引器ランキング

今日はその中でも電動で吸引力がある
メルシーポットを紹介したいと思います。ぜひ口コミでの評価を
参考にしてください。

メルシーポット新型おすすめ電動で強力吸引

メルシーポットおすすめ電動

・メルシーポットは電動なので電池式のスティックタイプのようにいざ使おうと思っても
電池切れや吸引が弱まることがないのでいつまでもよく吸ってくれます。

・電動は手動に比べて値段が高く迷っていましたが、買って正解。手動よりパワーがあるので根こそぎ鼻水を取ってくれます。

・メルシーポットは子供が嫌がりはしますがあっという間に取れるので大変助かります。いろいろ試してのことですので早く買っとけばよかったです。

・メルシーポットを使う前は口で吸うタイプを使ってましたが、なんで早くに電動にしなかったんだろうと思うくらい気持ちよく良く吸えます。

・メルシーポットを使うようになって耳鼻科に行く回数が減りました。電動で早くたくさん撮れるので満足しています。

鼻水吸引器強力吸引

・メルシーポットは吸引力は3段階に調節可能です。
一番強力にするのどんどん吸ってくれます。

・メルシーポットは病院のもとは同じようにはいきませんが、家庭用としては
吸引力は強いほうだと思います。

・鼻水吸引器としては強力なので短時間で鼻水を吸い取ってくれるので
子供には負担なく使えます。

・今まで口で吸ってましたがメルシーポットに切り替えてからは良く吸ってくれるので寝る前に一度やれば夜中はぐっすり寝てくれて助かってます。

メルシーポット新型

・メルシーポットの新型は以前のものより吸引力もよく大変満足です。
子供もすっきりするのが分かるので素直に横になってくれます。

・メルシーポットの新型が出てコンパクトになり値段も安くなっていて
もう少し我慢して新しいのを買えばよかった。

・メルシーポット新型を購入しました。音はすこしうるさいですが、その分
良く吸ってくれて、子供も慣れてきたのが泣かなくなりました。

こちらから↓↓↓

赤ちゃん鼻水解消メルシーポットサイズ使い方コツ

メルシーポットサイズ

・メルシーポットはサイズは小さいとは言えませんが、置き場所には困りません。可愛い袋に入れて置いています。

・メルシーポットはサイズもコンパクトで取っ手がついていて大変便利です。

・メルシーポットは頻繁に使うので、これくらいのサイズが丁度いいです。
いつでも使えれるように置き場所を作っておいてます。

・メルシーポットの大きさやとても扱いやすいサイズで、思ったよりコンパクトで収納にも楽にしまえて助かります。

メルシーポット使い方コツ

・メルシーポット使い始めは上手く吸えず子供も泣いてしましましたが、
使っていくとコツを覚えて今では子供も動かないで寝てくれます。

・メルシーポットの使い方も可愛いイラストの説明書があるので
読めば簡単に使うことができます。

・メルシーポットの使い方は簡単で鼻の奥ではなく浅いところにスッと入れる
感じで鼻水を吸い、使った容器を水洗いで終了。

こちらから↓↓↓

メルシーポットロングノズル消毒

メルシーポットロングノズル

・メルシーポットは奥の鼻水まで吸えるので助かります。
ロングノズルはあったほうがいいですね。おまけでついてて助かりました。

・メルシーポットのおまけでついてくるロングノズルが小さなお鼻にも入り、
ズルズル吸うことができました!!本当に購入してよかったです。今後も大活躍しそうな予感です!!

・メルシーポットの普通のノズルは息子が使い、娘にはロングノズルがフィットするので使い分けて使用しています。

・2カ月の赤ちゃんにはロングノズルがぴったりで必須です!別売りもあるので安心。

メルシーポット消毒

・メルシーポットは部品が多いのでまとめてミルトンで消毒しています。

・いちいち消毒をと思うと面倒ですが、薬液が可能なのでハイターに
つけて消毒をしています。特別色落ちしないから安心です。

・メルシーポットは使用後は消毒用のエタノールが必須ですのであらかじめ
準備することをおすすめします。

こちらから↓↓↓

メルシーポットまとめ

自動鼻水吸引器なだけあって値段はそこそこしても子供の鼻水を一瞬で
吸い取ってくれてくれるならこれからの季節あってもいいですね。
子供が息苦しい姿は親にとってとっても辛いですもんね。
いろいろコツはありそうですが、これで子供が夜スヤスヤ寝てくれたら
子供も親も負担は軽くなりそうです。

気になるもの見つけた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする